これまで取得した新亜光学工業株式会社の特許

特許取得だけでなく新亜光学工業株式会社には素晴らしい実績があります

新亜光学工業株式会社の素晴らしさは特許取得以外にもあります!

新亜光学工業株式会社は光量調整装置をはじめ、複数の特許を取得しています。スキルを活かして、生活場面に役立つ製品の製造や開発をしてきました。なお、特許があれば光学製品のスキルの高さを証明できる以外に、技術を他所に使用されないので、自分の身を護る効果も得られます。

開発や検品など全ての仕事に妥協しない会社

開発から検品、輸送に至るまでの仕事を、新亜光学工業株式会社は自社一貫でしています。精密機械は少しの衝撃で壊れやすい以外に細かな作業も求められますが、お客さんが安心して使用をするため、各種工程で妥協をしません。そこで、仕事の流れを確認しましょう。

どのような特許を取得しているのか?

光学製品の製造や開発に関するエキスパート集団として、新亜光学工業株式会社は国内外の企業から高い評価を受けています。20年以上の実績を誇っていますが、特許取得の実績はあります。2014年は光量調整装置、2015年は駆動モニター及び光量調整装置で取得しています。カメラの明るさを自動で調整したり、被写体を鮮明に映し出す効果を得られます。スマホやデジカメ以外に防犯カメラ系の製品にも使用されており、新亜光学工業株式会社の技術が私たちの生活への楽しみや安心安全を届けています。今でも医療や交通分野をはじめ、様々な場面に適した製品の開発をしています。

新亜光学工業株式会社にいる社員は、大学の理工学部卒の人など光学分野で高いスキル
を持つ人は多くいます。しかし、特許を取得するには、単に技術の高さを発表するだけでは通過は困難です。その発明が産業場利用可能であり、新しい創作であること、同業他社や研究者などが容易に考え出せないものなど、複数の条件が絡みます。特許取得には研究をする社員が得た専門的な知識も1つの武器になりますが、様々な人のアイデアが組み合わさり、初めて良いものが生まれます。新亜光学工業株式会社は、光学分野のスキルを得るための定期的な勉強会を設けているだけでなく、社員同士が情報共有しやすい環境にあります。自発的に日頃から学んでいる人も多く、様々な視点からアイデアを出しやすいのも強みです。

その他、提携している国内外の企業と情報交換をしています。自社だけでスキルを独占しないことも、世界的な技術の発展に貢献している大きなポイントです。

今開発に取り組んでいることは?

現在も特許取得以外に、様々な場面で使用できる光学製品の製造や開発をしています。新亜光学工業株式会社は、時代に合わせたものを届けられるのも、多くの企業から高い評価を受けている理由です。今でも製造や開発に当たっているものがあり、技術の高さで私たちの生活に貢献しています。