特許取得だけでなく新亜光学工業株式会社には素晴らしい実績があります

開発や検品など全ての仕事に妥協しない会社

細かな所も妥協しない

光学製品の製造にあたり、新亜光学工業株式会社は1つのチームとして仕事をします。例えば、精密機械の組み立てをする場合でも、細かい部分までズレが無いようにします。仕上がり後の検品も行うので、輸送までの過程で不良品が出る可能性を最大限下げています。細かい作業ですが、却って時間のロス削減を図れます。

輸送の仕事もありますが、温度管理の間違いや輸送時の衝撃の影響を受けることで、光学製品はダメージを受けてしまいます。配送時だけでなく、荷物の積み上げをする際も最大限ダメージを少なくするようにします。

その他、商品が販売されるまで、トラブルを想定したシミュレーションをしています。営業社員などがお客さんに説明をしやすくするので、信頼を得ることに繋がります。また、クレームが出た際もトラブル対処時の知識がある分、動揺してしまうリスクを下げます。

社員を大切にする会社

仕事をするうえで、社員の健康状態が悪いと良いものを提供できません。身体だけでなく、心理面の健康状態も見逃せません。

新亜光学工業株式会社は、毎日多くの光学製品の注文依頼を受けている会社です。人員に余裕を持たせていますが、依頼が重なったり新商品が出る時のような繁忙期になれば、残業をする機会は出ます。それでも、疲労が蓄積される前にチームリーダーが中心になり積極的な休息を与えています。また、ゆとりがある時は、まとまった休暇取得も可能です。旅行やプライベートの充実に時間を充てている人は多いようです。心の健康にも繋がり、良い仕事をしやすくするうえ離職率低下も見込めます。

時には外食をするなどで、社員同士のコミュニケーションアップを図っています。悩みや疑問を話しやすい職場環境の会社です。


この記事をシェアする